美容健康ダイエットで自分に最適な綺麗習慣byasa

最新の美容健康情報に関してコラムをお届けしていきます。

ながら運動で生活習慣予防対策 

f:id:hashiasa:20210417165554j:plain

よく耳にする「生活習慣病

これを予防していかないと、

どうなってしまうか、ご存知ですか。

高齢化社会の今、国をあげて

「予防」の推進し始めまた。

薬を飲むのは嫌だ

病院に行きたくない

これらの思考は正解だと思います。

しかし、だからと言って予防せず悪化してしまうと

意味がありません。

希望通り、薬も飲まず病院にも通院しなくていいように

健康寿命を延ばすためにはまず、

生活習慣病の予防です。

本日は、生活習慣病予防の一つである

「運動」につてのコラムをお届けしようと思います。

 

 

 

生活習慣病とは

1996年頃から使用される用語です。

食習慣、運動習慣、休養、飲酒、喫煙等の日頃の生活が乱れていると、

高脂血症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病を引き起こすと言われています。

また、メタボリックシンドロームと言われる、内臓脂肪肥満型は、

血圧・血糖・脂質の値に異常をきたしやすく、

生活習慣病が重なって起こっていることが大半です。

 生活習慣病になったとしても数年間は、しんどい症状は出ません。

しかし、これが続くと動脈硬化を引き起こす因子となり、

狭心症心筋梗塞脳梗塞脳出血など

大病になる恐れがあるのです。

よって、生活習慣病を予防し大病を予防していくことが

最も重要になってきます。

 

♢効果的運動

「1回30分、週2回(合計週1時間)の運動習慣」

平成27年国民健康・栄養調査において、

厚生労働省が上記最低基準を発表しています。

筋肉を収縮させる際のエネルギーに、

酸素を使う有酸素運動がお勧めです。

有酸素運動は、

脂肪燃焼

心肺機能の向上

基礎代謝を上げる

という、効果的な働きをします。

例えば、ジョギング、エアロビクス、サイクリングなどです。

f:id:hashiasa:20210417165550j:plain

♢いますぐできる「ながら運動」

運動が大切なことは分かってるけど、

帰宅時間が遅くて運動が継続できない

ジムに通い時間もお金も消費したくない

 という方もたくさんおられると思います。

大丈夫です、安心してください。

日常生活の中でできる「ながら運動」

をいくつかご紹介したいと思います。

 

⑴ドライヤーや歯磨き中のエクササイズ

ながら下半身(下半身・骨盤周り・腹筋)運動に

最適です。

⑵階段を選ぶ

エレベーターを使わず、階段を選ぶようにしましょう

⑶大股で歩行

体感や下半身の筋肉バランスに効果的

⑷いつも降りる1〜2駅前で下車

手前で降りて歩くだけで目的地に向かいながら

エクササイズができます

⑸家事をしながら動作を大きくする

しゃがんだり伸びたりと、多様な動作が

自然と行えます。

⑹テレビを観ながら足首の運動

長座位の状態で、両足首を前後させてみましょう。

心臓から一番遠い、抹消の血液循環の手助けになります。

 

 

いかがでしたか。

私は普段、帰宅が遅い上、飽き性なのですが、

これらの、ながら運動は続いています。

毎日続けていると、最近少しヒップに効果を

感じられるようになりました。

それぞれのライフスタイルや目標に合わせて、

今日から運動を開始し、

日常生活病を予防していきましょう。

 

※持病がある方や、体不調の方は、

かかりつけ医に相談の上実施して下さい。